スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの日常②

今日は腰の痛み弱め。
一日おきに交互に襲ってくる感じ?w
こんな日常が永延に続けばいいと思うんだけどそうもいかないのがこの病気の恐ろしさですね(^^;

コメ返信

>あやなさん
さすがにキルアが今のゴン見たらファビョりますねww
え?誰?ってなる・・・w

確かに俺に取っては家でゲムやったりアニメみたりしてるのが一番充実してます。
合コン?飲み会?ナニソレ><
一緒におうちで趣味を楽しみましょう。

>もま。さん
結論から言うとネット上のブログだけで全ての真偽を判断するのは不可能だと思います。
カバコさんのように稚拙な内容だったら看破も可能でしょうが、功名なブログは医者でも看破できないのではないかと。
例えば家族が闘病してるのを、自分が闘病してることに置き換えたりしているブログ、医者が患者を装って書いてるブログ(実際にはそんな医者いる訳ありませんが例えです)などは素人はもちろん医者でも見ただけではわからないのではないでしょうか。
実際に本当かどうしても確認したい場合は患者が「入院中」に直接お見舞いに出向き、第三者(看護師さんや医者)などに真偽を問いただすぐらいしかないような気がします。
入院されない方でも、やはり直接会って詰問するのが一番だと思います。その場合は癌にかなり詳しい人をなるべく連れて行くのがいいかと。
普通の方はそこまではなさる方は殆どいないので、直感で怪しいと思う闘病ブログには近づかないなどの判断がよろしいかと思います。
末期がんなのにアフィベタベタだったり金品を要求したり何かの募集とか始めるような所は合うまでもなく少々怪しいと思ってみます。
俺が彼女のブログを(最初から嘘だとわかって見てた訳ですが)怪しいと思ったのは実際末期がんである私と比べて元気すぎることや病状、病態などですが、何でそんなに末期なのに元気なのか秘訣や療法を聞いた人がひどく罵倒をされたそうです。病気の事に触れられるのが気に入らないことが見て取れました。他にもこんな治療はおかしいと前からいわれてたりもしてたとのことです(ソースは2ch)
俺の場合は基本的にどのブログも最初は信じて見てます。
例えばブログ村のランキング上位におられる白血病でも造血幹細胞移植を選択しなかった方や若年性乳がんになられた方のブログ等拝見させて頂いてますが、本当の事のようにしか見えません。真実は定かではありませんがこれからも拝見させてもらうと思っております。
自分が直感で信じられるブログだけ見ていく、程度でいいのではないでしょうか。
ちなみに、彼女がネールアートを公開したのを見て、その時に末期なのにそんなに手が綺麗なはずはない、その時に気付くべきだったというような事を書いた人がどこかにおられた覚えがあります。(2chだったかな)
俺も手だけで見ればと普通の人同様に綺麗で見分けがつかないと思います。でも全身で見れば、放射線の後、リンパ節の異常な肥大、現発分の異常、後がん剤による副作用?における湿疹等で、明らかに異常なので健康体にはまず見えませんが手だけでは判断出来ないかもしれません。

>ちぃチャンさん
ご家族の方が癌でご本人もかなり大変なことかと思います。
仰る通り癌とは本当に恐ろしい病気ですね。
見つけた段階ですでに完治をすることなど不可能で太刀打ちできない状態だから余計にそう感じます。
まだ人類はこの病気に対してまだまだ無力な感があります。
それでも俺は今まで通り前向きに(実は全然前向きじゃない時がよくあるのですが・・・w)やっていこうと思っています。
来年、再来年はちょっとわかりませんが出来る限り生きていくつもりです。


さて、今日も変わらぬ日常です。
愚者の攻略通りやって、昨日で暁の護衛は清美ルートまで終わりました。
今日もひたすら暁進める作業がはじまるお。
結構ボリュームありますが自宅のパソにインスコしたので次の入院までには何としても終わらせてやるんだから!


ランキングに参加中です。
1日1クリックしてくださると非常に嬉しいです。
にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨日もお疲れ様^^

昨日は痛み弱めで良かったです^^交互にくるんですね><

まちがいなくキルアファビョリまくりですねwキルア「ちょwwゴン…いやゴンさん」

ですね一緒にお家でたっぷり楽しみましょう(^^)

ゆーた君は前向きだから見てるこっちも本当に頑張って欲しいと思ってますよ(^^)ゆーた君もうめちゃくちゃ頑張ってるんですけどね><
無理だけはしないで下さいね。

がん克服経験談

こんばんは。

私も十数年前、肺がんで入院していました。
検査と手術待ちで何日かいろいろ考える時間がありました。
がんのいいところは、考える時間があることです。
肺がんの場合、手術しても五年以上生き残れるのは確率的に25%程度と記憶していますが、確かではありません。いつ死ぬかというときには、生きていることの大切さを痛感するものです。
そして、これほどの危機に自分は直面しているのに、周りは平然としているように思えました。

さて、私の場合は、治りました。手術の直前の手術説明の前日に撮った写真には、がんの影がなくなっていました。

ここから先は、余り言いたくは無いのですが、お役に立てればと思いどうしてそうなったかという わたくしの経験を述べます。

死んで地獄には行きたくない、という想いから、
生まれてこの年になるまでに 周りの人に悪いことをしたことを一つ一つ想いだし、心から神に詫びました。
悪いことかどうか迷う事でも、安全のために、心から詫びました。
生まれてこの方の総反省です。

また、お世話になった方々にも、心からの感謝を念じました。

いやな人も、心の中で赦しました。

そして、祈りました。天にまします我らの父よ という祈りと、めでたし聖寵 という祈りです。

そして、たとえば、子供のためにあと何年生きたい、生きてることができたらば、こうしたい などと 神にお願いしました。もちろん、生まれて以来の真剣さでです。

そして、最後は、御心のままに とお願いしました。

やったことは、以上です。

あなたが 仏教であれば 仏様に同じようなことでいいとわたくしは思います。

宗教に関係なく、慈しみ深い存在が存在します。

神は 在りて在るもの すべてのすべて ですから、あなたの中にも神はいらしゃいます。

これは、わたくしの経験談です。
プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
26歳♂某メーカー開発の社畜です(今は病気の為に休職中)オタクです。
2009年5月中頃に悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の類上皮型、ステージⅣを宣告されました。要は末期がんというやつですね(TT)これまでの病状の経過や生活について記述していきます。
1週間以上、予告なく更新が途切れたり、ツイッターでのつぶやきがなかったら天に還ったと思ってください。

趣味:アニメ、漫画、ゲーム、2ch
連絡先:http://form1.fc2.com/form/?id=539873

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
人気ブログランキングへ

俺ののツイッターによるつぶやきです
別にフォローなんてして欲しくないんだからね///
変な勘違いしないでよ///
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。