土砂降りの命日

ご無沙汰しております、ゆーたのちちです。
今日は5回目のゆーたの命日ですが、あいにくの大雨になってしまいました。
墓参りは、午前中の小降りの時に無事にすませることができましたが、線香が最後まで燃えてくれるか心配しながら墓地を後にしました。
ところで、この1年間、私の周りには、とても穏やかに時が流れていた気がします。久しぶりに穏やかな1年間でした。
そんな中、先週、膀胱結石をとるため4日間の短い入院をしました。
病院のベッドに寝ながら天井を見つめていると、5年前のがんセンターやホスピスでのことが思い出され、あの時の不安や恐怖、またそのあとの深い悲しみの感情がよみがえってきました。そして、末期がんという受け入れがたい事実を受け入れながらも、生きたい、という本心にしたががって、できる限りの努力をしながらも旅立っていったゆーたを思い出していました。
このブログがゆーたがいなくなって5年もたつのに、今も訪れてくださる方がいらっしゃるのは、そんなゆーたの姿に共感していただいているからかな、と思ったりしております。
さて、今日で5歳になった猫のゆーたですが、なかなか穏やかな気持ちにはなれないようです。

523_convert_20150831105424.jpg

それは、この存在があるからのようです。

524_convert_20150831105506.jpg

トラちゃんが来てもう1年にもなるのに、二人がちかづくといつもこうです。

456_convert_20150831105204.jpg

いったい、いつになったら猫のゆーたに平和が訪れるのでしょう。

512_convert_20150831105548.jpg

上の写真は、先日行った公園の池に1つだけ咲いていたハスの花です。

そrでは、皆様お元気で。

失礼します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お父様、更新ありがとうございます。

9月9日、ゆーたさんの命日&ゆーたにゃんこの誕生日。

二匹のにゃんこは平和な関係を築けたのか、心配しておりました。
トラちゃんはすっかり大きくなり、そしてやっぱりゆーたにゃんこを悩ませておりましたか(^^;)

8月後半からは雨続きの関東。久しぶりに大雨で大きな被害が出そうで心配です。
お墓参りも、本当にお天気が崩れそうな時はご無理なさいませんように。

最近知ったのは、仏壇やお墓のロウソクの火が、わずかな水分で反発し、
ポンと飛び火してしまうそうです。水と油ということで、火がパッと飛ぶのです。
室内外問わず火事の原因にもなるそうなので、ご注意を。

結石ですか!…入院に至るまでは相当な痛みなどもあったのでは?大変でしたね。
でも、そうですね。病院の白い壁やシーツ。独特の匂い。
お父様がゆーたさんのことを思い出されたのはわかる気がします。
ゆーたさんは冷静にブログを綴りながらも、必死に闘っていた。
亡くなったと知ったときは、たとえネットの中のつながりだったとしても、喪失感に襲われました。
ましてやご家族にとって、親御さんにとって、「○年目に突入したからそろそろ整理もつきましたか?」
なんてことは決してないと思います。

それでも“穏やかな一年間”という言葉に、こちらもどこかホッとしました。
それにしてもブックマークで「とあるオタクの末期がん」をいつでも目にするので、
5年という月日が、何か信じられない気持ちです。

9月9日は重陽の節句。今月27日は十五夜。28日はスーパームーン。二日続けて月が見ごたえありそうです。
ゆーたさんも大きな月を一緒に見てくれると思います。

最後にいつものセリフですが、お父様も、ここに集う皆々様も、お体ご自愛くださいませ。

実は昨日はじめてゆーたさんのブログに出会いました。
はじめから一気に読んで、今日が5年目のご命日と知り、ちょっとびっくりしています。
ゆーたさんは私と同世代の方ですが、ブログを読んで病と闘う身体と気持ちの強さに、月並みな表現ですが、とても感動しました。
このブログに出会えてよかったです。
ねこちゃん達もかわいいです!

ブログを守って残してくださっているお父様にも感謝です。
お加減いかがでしょうか?お大事になさってください。

No title

このブログに出会って、5年が過ぎてしまったことに今更ながら驚いています。
お父様、お母様、お体ご自愛下さいませ。
このブログを守ってくれてありがとうございます。

No title

初めまして。


私はここで助けていただきました。
少しでも良くなる人が増えますように。

www.sasaky.sakura.ne.jp/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当にすごいりっぱなゆーた君ですね。年を重ねる事に本当に思います。

はじめまして。
7月に父を直腸癌(肺、リンパ節転移)で亡くしたんですが、その看病中にゆーたさんのブログを見つけて一番古いところから毎日少しずつ読んでおりました。

父は家族の前で痛い・辛いと言ったことがなかったため、癌患者の心境が知りたかったんです。
やっぱり相当痛かったんじゃないか!と悲しくなりました。

父が亡くなった日からしばらくは、やることがたくさんあって忙しく、悲しんでいる暇がなかったのですが、四十九日を終え、今は心にポッカリと穴が空いていることに気付いたような、そんな感じです。

ゆーたさんのお父様がゆーたさんのブログを引き継がれたことはたいへん嬉しく、さらに、お子様を亡くすことがどんなに辛いことだろうかと想像し涙しています。
わたしは今31歳です。まだまだ悲しみに暮れる母と、猫を飼おうかと話しているところです。
猫ゆーたくんブログ、これからもずっと楽しみにしています。

No title

パパさん記事の更新をありがとうございました。
ゆーた氏の記事の筆致は、ずっと忘れることができません。
このブログを維持してくださることを感謝します。

猫さんは年を取りませんねi-101

また遊びにきちゃいました。
ゆーたくん。
あちらの生活にも慣れたかな?
ゆーたくんの言葉は、まだ私の中に鮮やかに生き続けてるよ。

お医者さんの診断では、年内にゆーたくんに追いつくはずだったんだけど。
のらりくらりと、まだ頑張ってます。もういいやん?って弱音を吐きたくなるけど、パパやママが悲しむから、もう一回、新しい治療に挑戦中。
ゆーたくんに会えるのは、もう少し先になるかな。。。

のんびり待っててね(*´³`*)
また遊びにきまーす!

初めて…拝見しました

初めて拝見しました…恐ろしい…病に侵されながら圧倒的かつ冷酷で強大な運命に立ち向かったゆーたさんを…忘れません僕がどうしようもない困難に立ち会った時

ゆーたさんを思い出して…勇気を…力を少しだけお借りできたらなと思います


お父さまお加減はいかがですか。

久しぶりにコメントさせていただきます。

ゆーたさんの闘病のブログは、6回の命日を迎えた今でも、その精彩と感動を全く欠くことなく、読む人の心にますます深く刻まれて行っています。

全ての青年にゆーたさんのブログを読んでもらいたい。そしてゆーたさんの生き方を通して、青年に深い人生を生きてもらいたい。

ゆーたさんの生き方を通して、私もより深い人生を生き直すことができました。

お父さまお母様には、くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

No title

ゆーたお父様、更新頂きありがとうごじました。
入院されたとの記述、驚きましたがご無事なご様子で、とてもホっとしました。

にゃんこ達の躍動感あふれる写真が可愛すぎて、床ゴロゴロ!
とっくみあいの激しさに驚かれたかもしれませんが、双方怪我が無い場合は仲良しのケンカごっこですのであまり心配は無いかと存じます。
うちの3歳ニャンズもほぼ毎日ポカポカの取っ組み合いをしています。
猫ちゃんは、本当にイヤな相手の傍には近づきませんし、近寄らせません。
二匹は仲良しなのです…多分。

どうぞ、ご自愛くださいませ。

はじめまして。

ブログランキングからお邪魔させていただきました。

素敵なお父様ですね…
始めた辺りから読ませて頂きましたが泣けちゃいました。
病気、癌って怖いですね。

いきなりコメント、失礼かと思いましたが
素敵なブログだったのでコメントさせていただきました。

ゆーたさんが元気な頃のブログも読んでみたかったな…
お父様、猫のゆーた君もお元気で頑張って下さいね!

はじめまして

親族が癌センターに入院する事になり色々調べていたところ、こちらのブログに辿り着きました。

ゆーたさん、最後までご立派でした。

「たったひとつしかない命なのだから...」

ゆーたさんの言葉が胸にしみます。

大切な事を教わりました、ありがとうござ
います。

とても久しぶりに書かせて頂きます

こんばんは、ゆーたさん、ゆーたさんのお父様。
お父様が入院なさったとのことですが、その後お加減はいかがでしょうか。

わたしはというと、環境がガラッとかわりまして、くじけそうになることもありますが‥
ゆーたさんが教えてくださった大切なことを胸に、今日も明日もがんばっていこうと思っています。

いつもこのブログが心にあります。
わたしの人生を支えてくれる、大切な場所です。ゆーたさんのこと、絶対にわすれません。

お父様、ブログを続けてくださりありがとうございます。

また来させてください(o^^o)

更新ありがとうございます

ゆーたさんのお父様、更新ありがとうございます。ゆーたさんの事がまた懐かしくなり最初から読ませていただきました。
このブログの中でゆーたさんはずっと生き続けているような気がして、時折訪れゆーたさんがリアルタイムに記事を書かれていた頃を鮮明に思い出します。
ゆーたさんなら今ゲームはどれにハマってるんだろうなとフと考えたりします。
そして猫のゆーたくんですが
先住猫と新入りを和解させる方法?がありますので書かせてください。
先住猫のテリトリーに、新入りくんを一晩ケージに入れた状態で過ごさせます、先住猫は自由に動きまわれる状態です。
先住猫は自分の方が偉いのだと思い新入りに威嚇しなくなります、新入り猫も先住に対し遠慮するようになります。
新入りくんが子猫の時にやるのが一番良く効きますが今からでももしかしたらまだ効くかもしれません。
先住猫には
新入りが来た事によってかなりのストレスがかかりますので、病気を引き起こしてしまう事もあり、お節介とは思いますがどうかこの書きこみを許してください。
猫のゆーたくんと新入りくんが一日でも速く打ち解けられますように願っております。

はじめまして。先日このブログに出会い、今全て読み終わりました。色々な思いが込み上げてどう伝えたらいいかわかりませんが、何か書かずにはいられませんでした。お父様。ゆーた君のブログを今尚残していただきありがとうございます。これからも無理をなさらず猫ちゃん達の姿見せて下さい。そしてお父様もご自愛下さいね。
猫のゆーた君の手を前に伸ばして寝てる姿がたまらなく可愛いです(*^^*)

はじめまして。数年前からこのブログを読んでいましたが、初めてコメントをさせて頂きます。

生きていると、大きな恐怖心や孤独を感じてなにもかもから逃げ出したくなることがあります。
そんなときに、末期ガンという病を患いながらも生きることを諦めなかったゆーたさんの生き様がふと浮かんできました。
何もかもを諦めるのではなく、生きることに可能性を見出していこう…今もここに来て、そう思い直すことかできました。

ゆーたさんのお父様とご家族の生活が穏やかなものでありますよう、願っております。
長々と失礼いたしました。

ふと、ゆーたさんのことを思いだしお邪魔させていただきました。
闘病ブログというのはどうしても辛さ吐き出しツールになりがちです。もちろんそれは当然です。
健康な人間にははかりしれない、生命との戦いをしておられるのですから。
なのにゆーたさんは全く愚痴めいたことを綴らず、それでいて全ての方たちへ勇気と優しさを伝えました、、、。
私も当時読ませていただき大いなる勇気を貰った一人です。
そして、ゆーたさんの抑制の聞いた文章からうかがえる、ゆーたさんの闘病への、ご家族の尽力献身にも思いを熱くしていました。
ゆーたさんの望む治療をかなえ、けして楽ではないでしょう病院への送迎や在宅療養態勢を整えておられました。
久しぶりにこちらを訪れ、お父様のゆーたさんへの変わらぬ愛情に触れることができ、
何の面識もない私のようなものが、「ほっこり」暖かさと、あの時ゆーたさんからいただいた勇気をまたいただきました。ありがとうございます。
プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
26歳♂某メーカー開発の社畜です(今は病気の為に休職中)オタクです。
2009年5月中頃に悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の類上皮型、ステージⅣを宣告されました。要は末期がんというやつですね(TT)これまでの病状の経過や生活について記述していきます。
1週間以上、予告なく更新が途切れたり、ツイッターでのつぶやきがなかったら天に還ったと思ってください。

趣味:アニメ、漫画、ゲーム、2ch
連絡先:http://form1.fc2.com/form/?id=539873

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
人気ブログランキングへ

俺ののツイッターによるつぶやきです
別にフォローなんてして欲しくないんだからね///
変な勘違いしないでよ///
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR