スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度目の命日

こんばんは、ゆーたの父です。

今年も暑い夏でしたが皆さんお元気ですか?
この暑さで三年前の夏を、あのいたたまれないほど不安だった日々を思い出します。
そして、ゆーたの三回目の命日を迎えました。
命日の今日墓参りをしてきましたが、二日前にゆーたのいとこ一家がお参りしてくれていたので、きれいに掃除してあった墓に花と線香を供え手を合わせました。
しかし、三年たってもこの悲しさは変わらないのですね。でも、裏を返せば何年もゆーたのことを思い続けていることになるのかな、とも思います。まあ、感情というものは自然現象みたいなもので、無理にコントロールすることもできないし、またその必要もないのかもわかりません。そういう意味では、私たち夫婦はこの悲しみを一生持ち続けて生きていくのかな、とも思います。

ところで、今日は、猫のゆーたの三歳の誕生日でもあります。
最近居間のテレビ台を新しくしたのですが、そこがゆーたのお気に入りの定位置となりました。

こんなかんじです。

DSCN1178_convert_20130906205915.jpg
DSCN1172_convert_20130906210147.jpg
DSCN1177_convert_20130906210312.jpg
DSCN1180_convert_20130906210437.jpg

今日はこの辺で、まだまだ暑い日が続きそうですがお互い頑張りましょう。

それでは、失礼します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毎年この日付近になるとゆーたさんとこのブログの存在が頭を過って覗きにきてしまいます。
とは言ってもふとした時にゆーたさんに思いを馳せてるのも事実です。

三度目の命日を迎え、大切な息子さんを亡くされたご両親の皆さまにとっては悲しみが癒えることはないのかもしれないですが、前向きにひたすらに生きてらっしゃるのを見てわたしも励まされています。

そしてわたしがゆーたさんのことを知ってからもう3年近く経ったんだなぁとしみじみ…。

またお父様の文章に触れられる日を楽しみにのんびり待ってますね!ゆーたにゃんもまたね!

はじめまして。

近しい人が数日前にがんで亡くなったことから今日検索をしていてここにたどり着きました。とても読みやすく、わかりやすい文章に引き込まれ、一度に読ませて頂きました。そして、丁度今日が命日であったこと、ゆーたさんが私と同じ学年であったことを知りコメントを残させていただければと思いました。

ゆーたさん、書き残されたブログという形でお会いするのではなく、どこかですれ違ってあ、同じ歳だねーとか言いながら他愛のない話がしたかったです。最期まで誠実に、諦めることなく運命に向き合い、生きつくされたこと、とてもかっこいいと思いました。

お父様をはじめとするご家族の方、猫のゆーたくん、まだ暑い日が続きますが心身共に充実した日々を過ごされますよう。ありがとうございました。

No title

9月9日はゆーたさんの日☆ ゆーたにゃんこの誕生日♪
三年前もこんな残暑の厳しいころ…だったなと思い返します。
私にとっては、父が亡くなって二か月ちょっとという時期でした。

お父さまがこのブログを続けてくださること、本当に感謝しています。

毎年異常気象と記録更新ばかりの日本ですが、お父さまも、お母さまも、ゆーたにゃんこも、
そしてこのブログに集う人たちも、どうかお体を大切に。

No title

ブログの更新、ありがとうございます。
3歳になった猫のゆーたくん、かわいいですね。

私はゆーたくんとほぼ同じ年齢なので、ブログを読みながら、自分がゆーたくんの状況だったら...とよく考えます。
病と死への恐ろしさ、悲しさ、切なさ、と同時に、両親のことがとても不安になります。
もし、私があの世へ行ってしまったら、私の両親はショックのあまり、ふさぎ込んでしまうのではないかと...
だから、ゆーたくんのご両親が、悲しみをかかえつつも、ゆーたにゃんと一緒に、一生懸命生きていらっしゃるのを見ると、とても嬉しいのです。
(余計なお世話かもしれませんが...)

このブログを読んで、がん患者さんやご家族を助けたいと思い、ボランティアを始めることにしました。
また、私はがんの薬の研究をしているため、この病気を治る病気にし、患者さんとその周りの方を救えるように、もっとがんばります。

またブログの更新を楽しみにしていますね!

ありがとうございます

初めまして。
5月に25歳の夫ががんにかかったことをきっかけに、ゆーたさんのブログに出会い、全て読ませていただきました。

どんな状況でも前向きな姿勢で病と闘い抜いたゆーたさんに感銘を受け、同じ病院にいらしたのだと思うことで勇気をもらいながら、私たちも闘病を続けました。
おかげさまで今月退院する予定となり、どうしてもお礼を伝えたくて書き込みさせていただきました。
何度不安に襲われても頑張ってこれたのはこのブログのおかげです。
私たちのように3年経っても、そしてこれから何年経っても、ゆーたさんは沢山の人々に勇気を与え続けて下さる存在だと思います。

このブログを残してくれたゆーたさん、存続して下さっているお父さま、本当にありがとうございます。

できることならご存命の間に知り合い、今放映している「とある科学の超電磁砲」などアニメで語り合いたかったです…(^-^)

季節の変わり目ですが、お父さま、お母さま、ゆーたにゃん、みなさまどうかお身体ご自愛下さいませ。

No title

はじめて参りました。44歳の男です

僕は、もっと若い頃から、どこか体の調子が悪いと、ガンなのではないか、と恐れながらずっと今も暮らしています。実際は何でもないのですが。そういう意味で、実際にがんと闘いぬいた、ゆーたさんはすごいなと思いました。そして、お父さん、ご立派ですよ。ほんとうに、涙が出ます。ほんとに、頑張っていらっしゃって。猫は、私も飼ってましたが、3年前に、ガンで亡くなって、18歳でした。最後苦しんだので、もうああいう場面を見たくないと思って、飼いたいけど、飼えずにいます。

ゆーたさんと、お父さんのブログで、多くの人が励まされています。どうぞいつまでもお元気で。

はじめまして

中川翔子さんがTwitterに掲載していてここを知り、最初から一気に読みました。
涙が止まりません。歳が近いこともあり、ゆーたさんに起こった出来事を、いつの間にか私や私の周りの人のことのように想っている自分がいました。
ゆーたさんの生きようとする強い意思を感じ、ありきたりですが、私も毎日をもっと噛み締めて生きていかなければと考えさせられました。
これから9月9日にはゆーたさんのことを想います。猫のゆーたくん、ゆーたさんのお父様、お母様、どうかいつまでもお元気で。

ありがとうございます

上の方と同じく中川翔子さんのツイッターからこちらのブログに来ました。
しょこたんは好きでもオタク関係は疎いので、よくわからない部分もありつつ、笑ったり泣いたりしながら一気に読ませてもらいました。
寝不足ですw

お父様の言葉と猫のゆーた君の写真、優しい気持ちになれます。

大切なこと、思い出しました。
親をもっと大事にします。
どうもありがとうございます。

猫のゆーた君の写真、今後も楽しみにしてます。

ありがとうございます。

ゆーたさんのお父様はじめまして。
私も中川翔子さんのツイートからこちらを拝見しました。
ゆーたさんはどんな時もユーモアがあり一日でも長く生きるために常に前をむいている姿がほんとうに素晴らしく胸を打たれました。
ブログを読んでこんなに感動したのは初めてです。
ありがとうゆーたさん!
ネコのゆーたくんを拝見しにまた時々来たいと思います。

ゆーた君のお父様

こんにちは、はじめまして。私も中川翔子さんのTwitterからゆーた君のブログを知り知った日からお父様の更新2013年9月9日まで全部完読しました。ゆーた君が色んな思いをこめてブログを更新している姿をさかのぼって見ていました。沢山の感情や不安が一気に押し寄せてきました。そして読む側の人を思いながら更新を続けてる姿もしっかり伝わってきました。
ゆーたくんが「僕の更新が途絶えたら…」という一文がありました。
ゆっくりではありますが、
お父様がお父様なりに引継いで繋いでいる姿、思いが、感動として伝わり涙が溢れてきました。
私の勝手な感想でありますが、
Blogの書き方がゆーた君にそっくりですね!あぁ、思いが繋がっている親子なんだなぁ、と、感動しております。
これからも猫のゆーた君のBestショットの更新続けてください!
お腹出して伸びてる姿がメチャ可愛いです☆

このゆーた君のBlogに出逢えて
本当に嬉しいです。
私は無力で大した力もないのですが、ゆーたくんの大切な命、お父様の思いを、なにかの形で繋げていければと思っております。

ゆーた君の御冥福御祈り申し上げます。

お父様、そしてご家族の方々、
これからも沢山笑顔でお元気で!!

ありがとうございました(*´ー`*)

No title

おお更新ありがとうございますう
このブログだけめあてでいつも来ていましたほんとに嬉しいです
コメントされてる方もみなさん良識あるいい方ばかりで平和な気持ちになれます

気持ちは無理にコントロールなんてでませんよね
それでいいんでしょうね
ゆーたさんはいつもお父さんお母さんのそばにいるのでしようね

またの更新楽しみにしています
どうかお体ご自愛ください

はじめまして

こんにちは。昨晩、ふらっとブログに辿りついたものです。全て読ませて頂き、夜中に1人で号泣しました。

私は、現在大学4年で、来年は病院で勤務する予定です。食についてサポートする職ですが、癌患者に対しての食事の大切さを改めて感じさせて頂きました。

ブログを読みながら、「もし私がゆーたさんと同じ病気になったら、ゆーたさんみたいに病気と向き合えるかなぁ。」と、思いました。ゆーたさんは、自分の治療に関わる事をしっかりと調べ、治療の選択も医師の一方通行ではなく、ゆーたさんとの相互検討によって判断されていたのも、すごいなぁと。とても考えさせられました。

そんな中、明け方に眠りについたわけですが、普段はあまり見ない夢を見ました。
私が何故か入院しており、向かい側のベッドにパソコンに向かっている男性がいました。私はその男性を、「ゆーたさん」と呼んでいました。そのゆーたさんは、ニコニコしながら私と話してくれました。その後、何故か一緒に退院する事になり(夢だからか、ちょっとおかしい。)、病院の近くにある橋を2人で歩きました。そしてそのゆーたさんは、「精一杯生きるんだよ」と私に言った瞬間に、目が覚めてしまいました…

ゆーたさんが、夢に出てきてくれたのかなぁと、不思議な体験を致しました。

その事をお伝えしたく、コメントさせて頂きました。
ゆーたさんのご冥福をお祈りすると共に、ゆーたにゃんの健やかな成長とお父様お母様のご健康を願ってやみません。

こんばんは。

命日にコメントするはずが…遅くなってしまいましたm(__)m

ゆーた君が旅立ってから三年ですね。
何年経っても悲しいものですよね。まして…たった一人のご子息を亡くされた悲しみははかり知れません。
でも、きっと…ゆーた君はいつもお父様とお母様の近くにいると思います。
うちの父が肺癌で亡くなってから十三年になりますが、悲しみはあるもののまだ近くに居る気がしてます。

ゆーたニャンも元気そうですね♪
新しいお気に入りの場所で、安心して寝てるお顔が本当に可愛いですね。

だいぶ朝晩冷え込んできましたので、体調を崩されませんようにお気をつけ下さい。

また、ゆーたニャンの可愛いお写真のアップを楽しみにしております。

No title

ゆーたさん、ゆーたさんのお父様、初めまして。

タレントの中川翔子さんがツイッターでこの<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>を紹介していたのをきっかけに、
私はこちらの<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>を最近知りました。

最初から最後まで読ませて頂きました。

ゆーたさん、ゆーたさんのお父様、お母様、とてもお辛かったことでしょう。

私はケータイから<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>を読んでいましたが、今もケータイを握りしめたまま、涙が止まりません。
闘病の記録が3年前のことだなんて。

ゆーたさんは私の1歳年上なのですね。

<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>には日付が書いてあるので、過去の出来事だと頭では分かっていながら、最近のことのように感じながら読み進めていました。

末期ガンになった方の中には、死を感じながら生きる不安に勝てずに、自殺してしまう方もいると聞きます。

1日1日を生き抜くだけでも大変だったはずだと思いますが、

ゆーたさんはそれだけにとどまらず自分の状態を真正面から見つめ、

楽しかったことも辛かったことも思い起こしながら書き綴っていった…

<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>の更新は健常者よりも体力を消耗したでしょうし、内容が内容ですから精神的にも堪えたはずです。

しかしゆーたさんは<span style="background-color:#FFFF00;">癌</span>と最期まで闘い続けた。

とても勇気があり、強い方だったのでしょうね。
素晴らしい息子さんだと思います。


私は今まで<span style="background-color:#FFFF00;">癌</span>という病を身近に感じたことはありませんでした。

しかしこの<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>に出会い、<span style="background-color:#FFFF00;">癌</span>についてや、いろいろと考えさせられました。

何事もなく無事に過ごせる日常がとても幸せなことであること、

人間の生命力、

闘病している方の気持ち、
残された家族の気持ちと未来、

などなど。

この<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>はこれからも、<span style="background-color:#FFFF00;">癌</span>の方、<span style="background-color:#FFFF00;">癌</span>の家族をもつ方、また私のような「何気なく見つけた人」の目に止まり、さまざまな気付きや生きる勇気を与えてくれることと思います。

この<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>を引き継ぎ更新しているお父様にとっては、
この<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>が、時に辛い記憶を想起させるきっかけになるのでは?と少々案じていますが、

私のようにこの<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>に影響を受け、人生への意識が変わる者もいることを知っていただけたら良いなとも思いました。

この<span style="background-color:#FFFF00;">ブログ</span>に巡りあえたことに感謝しています。
ゆーたさん、ゆーたさんのお父様、ありがとうございます。

長文、乱文失礼しました。

ゆーたさんのご冥福をお祈りいたします。

そして、ゆーたさんのご家族がこれから先、心穏やかに過ごしていけますように願っております。
また、時々見にこようかなと思います。

それでは失礼します。

まずは、ゆーたさんのご冥福をお祈りさせていただきます。
つい先日、偶然にもこちらに辿りつき、読ませていただきました。
私は今まで若い方の死に立ち会ったことはありません。
ですので、読んで私が感じる「大変さ」というのは想像の範囲内の漠然としたものではありますが、とても大きな恐怖と闘ってこられたのだなと感じています。
そんな中でこんなにもご自分の人生に前向きに生き抜いた方がいらっしゃったのかと…どう表現していいか分からない思いでいっぱいです。

自分の生き方を見直すとともに、生きるということを考えさせられました。
ゆーたさん、ありがとうございました。

頑張っています

こんにちは。

以前「親の気持ち」で投稿させていただいた和です。

ゆーたさんのお父様のお話を頂き両親共々頑張っています。
両親は「話をしてくれて良かった!」と「一緒に頑張ろう」と言ってくれました。

毎月の検診が近付くと気持ちが沈み転移への恐怖を感じながら過ごしています。

このような病気の方は皆さん同じ様な感情との戦いがあるのでしょうね!

そして、私ごとですが長年共に過ごしていた愛犬「まりも」が8/16日に他界しました。
大型犬の17歳という大往生だったので彼も幸せだったのでは?と自負していますが、
私の体調が悪くなるといつも彼も体調を崩し、逝く時は一緒かもね?なんて添い寝をしていた程でした。

そのまりもが逝ってしまって暫く(実は今も・・)は落ちていたのですが、ご無沙汰していたゆーたさんの
ブログを振り返り、また前向きになる元気を頂きました。

ゆーたにゃんに気持ちを癒され落ち着きを取り戻してきました。

家族の死、ペットの死、何年経っても忘れることはできないし、忘れなくて良いのだと感じています。
私も誰かの中に少しでも残っていられるように、これからも頑張って戦って生きたいと思います。

また、お便りさせていただきます。

お父様、お母様、これから寒い季節に向かいます。
くれぐれもお身体を大切に!

場違いなコメントを許してください。

10月10日の本日、『若者の癌』というキーワードで検索したところ、とある掲示板が目につきました。
そこには癌を患った人が書き込みをしていました。
また、その書き込みの中でこのブログが紹介されていました。

俺は今年25歳で、ゆーたさんとは違ってフリーター(今は失業し求職中)をしています。夢を追っていたけれど、いまは諦めて正社員になろうか迷っています。

癌に関しては祖父の母親が胃癌で亡くなったと聞いたことがある程度で、全く意識したことがありませんでした。

本日、ふと、もし自分が癌になったら…と考えました。
結論は、延命治療をせずに天に召されたいという気持ちとなりました。今現在、生きる気力がなく、生きているのは親が生きているからという不純な動機です。ゆーたさんとは違いがゲームもアニメも何も興味がないのです。友達もいません。

若者の癌と検索したきっかけは、生きたくても余命がせまっている人の気持ち、心境を知りたかったからです。
ゆーたさんのブログを拝見させていただいて、自分とは真逆のゆーたさんの生に対して前向きな気持ちに涙がでました。

ブログの中で、1日だけ殺人事件の話がありました。
ゆーたさんは、殺人犯が長生きして、真っ当に生きている自分が癌になり長生きできないという内容の発言をしていました。
切実な気持ちだと思いましたし、俺も真っ当な人ほど長生きしてほしいと願います。

ゆーたさんのことはブログ上でしかわかりませんが、生きたいという気持ちが凄く伝わりました。
また、ゆーたさんの父親によるブログで、子供が無くなることで失うものの大きさも感じ取れました。
ただ猫の生まれ変わりであるゆーたくんが来たことで、絶望感が多少緩和されたようで安心しました。

第三者である他人の俺も、猫のゆーたくんは生まれ変わりなのだとわかります。
凶暴であるが故に、寂しさや空虚感を強引に、強制的に取り除いてくれてるのかなと思います。
写真もみさせていただきましたが、とてもかわいいです。
実家に2匹猫がいますが、正直そちらのゆーたくんのほうがかわいいです(笑)

さて長くなりました。
恐らくこのブログを拝見するのは最初で最後だと思いますが、今、ただ生きていることだけでも幸せなんだなという心境にさせてもらいました。

ゆーたさんに見習って、前向きにいきるように心がけていきたいと思います。

ありがとうございました。

三年間

三年間ゆーたさんをふと思い続ける、そんな気持ちは自然であって、そうなんだよねという、お父さんの言葉に、溢れてくる思いがどんなものでも、自然なことなんだって、(ちょっと、辛くてどうしようもないことがずっと頭に浮かんで来るから。。。その言葉に癒されました。)
辛くなると、ゆーたさんのブログと、お父さんの継続ブログと猫のゆーたを思い出し、覗いてしまいます。
不思議ですが、本当に心に刻まれてるので、3年経っても、これからも覗いてみるんだろうなぁーとおもっています。
また来ます。
時節柄お身体を大切にしてくださいね!

こんばんは

久しぶりにコメント書かせていただきます。
中川翔子さんのブログで紹介されたんですね!すごい!
ゆーたさんもきっと喜ばれてるんじゃないかなぁと思います(^o^)

落ち込んだり悲しくなったとき、ふっとゆーたさんとお父様のblogを思い出します。
私もゆーたさんのように、1日1日をしっかり生きていきたい。
今日も力をもらいました。ありがとうございます。

また遊びに来ます!

もう、、

3度目の命日でしたね。

9月…バタバタしていて、こちらにおじゃますることができず、とてもとても久しぶりに
ブログをのぞかせて頂きました。

私も同じくがん罹患者。

ゆーたさんが闘病されているとき、私も闘病中でしたので、
何度もゆーたさんのブログで励まされたのを思い出します。
今は経過観察の日々を送っております。

非常識な言い方かもしれませんが、自分もがんになり
人は誰でもこの世に生を受けた以上 死も100%やってきます。
そのことがほんとうによく実感できるようになりました。

でも、そのかわり今 生きている奇跡もたぶん
健康な人たちよりいっぱい感じているのも事実です。

自分もいつどうなるかはわからない身。
毎日の奇跡をひとつひとつのささいなことの奇跡を
ともすればすぐ忘れがちになるときもありますが、
最後の最後まで生をしっかり生き抜いたゆーたさんのように
自分も そうありたいと 今でもふと思い出したときには
心に囁きかけられるように思わされます。

きっと、生きている間ずっと 心の中でこれからも、
どこかでそんなゆーたさんの姿勢は私を
時に叱咤し、励まし、戒め、背中を押し、
そんなふうに存在し続けると思います。

ありがとうございます。。(*´∀`*)

もうすぐユータの誕生日

ユータのお父さま、お母さまお元気ですか?

ユータの見事な人生をこのブログで
知ってから、もう一年。

毎日、満員の通勤電車の中で、

“今日もユータの分まで頑張るゾー!

“と気合を入れて仕事に向かっている

女子です。

ユータのブログに毎晩来てしまうの

は、とんでもなく苦労続きの闘病生

活を、どういう訳か爽やかな表現で

“後ろ向き”という言葉など知らない

ヒトかの様に、前向きに綴っている

ユータの心に感動して、この場を離

れられないからなのでしょうか。

自分でもとても不思議です。


私事ですが、今年も本当に様々なこ

とがありましたが、ユータのブログ

に支えられて、ここまでくる事がで

きました。

本当にありがとうユータ。

お父さま、お母さまもご健勝で年の

瀬をお過ごし下さいませ。

久しぶりに

もう三度目の命日だったのですね…
私も何処からか、このゆーたさんのブログにたどり着いて励まされた一人です。
未だに、子猫の時のゆーたチャンのあどけない愛らしい寝姿を待受にして
携帯を見るたびに癒されてます。
ご両親共、これからもお元気でいてくださいね。

ゆーたさんお誕生日おめでとうございます!
プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
26歳♂某メーカー開発の社畜です(今は病気の為に休職中)オタクです。
2009年5月中頃に悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の類上皮型、ステージⅣを宣告されました。要は末期がんというやつですね(TT)これまでの病状の経過や生活について記述していきます。
1週間以上、予告なく更新が途切れたり、ツイッターでのつぶやきがなかったら天に還ったと思ってください。

趣味:アニメ、漫画、ゲーム、2ch
連絡先:http://form1.fc2.com/form/?id=539873

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
人気ブログランキングへ

俺ののツイッターによるつぶやきです
別にフォローなんてして欲しくないんだからね///
変な勘違いしないでよ///
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。