スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の気持ち

こんばんは、ゆーたの父です。5か月ちかくのごぶさたですが、皆さんお元気ですか?
さて、今回は先日コメントでご質問をいただきましたので、久々の更新をさせていただきます。
そのご質問の内容ですが、今現在ゆーたと同じ病気で闘病されている50歳の方からのもので、
ご両親に現在のありのままの病状を伝えるべきか迷っていて、親としての私どもの気持ちを聞きたいというものでした。
詳細は前回の「誕生日」に対していただいた和さんからのコメントにありますので、ご覧いただければと思います。

私たちは、ゆーたの病状を、がんセンターの担当の先生からありのままに知らされました。
病気が発見された時、もうすでに完治することは望めない状態だったこと。そして、治療により生きている時間をどれだけ伸ばせるかが課題であることが告げられました。これはゆーた本人にも同じでした。
それから1年4か月の私たちの闘病生活が始まったのですが、病状の変化があったときは、その都度本人も含め、はっきりと事実を知らされました。
その間は、本当につらく、悲しく、恐ろしい毎日でしたが、本人が一番つらかったろうと思います。
それでも事実は事実です。そして、私たちはやっぱり真実を知りたかったですし、真実を言ってもらってよかったのではないかと思います。
ただそんな中でも希望だけは常に持ち続けていました。かすかな希望を持ちながら、丸山ワクチンやサリドマイドの服用を続けました。そして、ゆーたが息を引き取る瞬間まで、死ぬなんて想像できませんでした。生きている間はどんな状況でも、かすかな希望を持ち続けていたんじゃないかと思います。

これは私の個人的な気持ちですので、ほかの皆様に当てはまるかはわかりませんが、少しでも参考にしていただければとの思いで申し上げた次第です。
そして、和さんの病状が良くなることを心より祈っております。


それでは、また猫のゆーたの代わり映えのしない写真ですがご覧ください。

DSCN1096_convert_20130603224056.jpg

DSCN1111_convert_20130603224608.jpg
最近は寝そべって餌を多btるようになってしまいました。

DSCN1102_convert_20130603230149.jpg

DSCN1137_convert_20130603115358.jpg
上は先月行った立川の昭和記念公園のポピーです。

それでは今回はこの辺で、失礼します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひさびさ更新!ありがとうございます。

がん告知というのは、いつの時代も課題として残りますね。
子どもがまだ小さいとか。親御さんがそれなりに高齢で…など、事情は人それぞれ。
そのご家族にとってふさわしい答え、家族が悩み考え抜いた末の結論が“正しい”と言えるでしょうか。
最近は隠すよりも、真実を告げるというほうが多いように思いますが、どうでしょう。

両親ともにがんになっているので、最近では私自身ががんになった場合を考えてしまいます。
子どもはいませんが、夫に告げるのは辛いだろうと想像してしまうのです。

ゆーたにゃんこの写真、いつもありがとうございます。
テレビ猫とゆーたコラボ!ナイスですね♪
雨の季節は猫にとって眠たい季節。しばしの間、ゆーたにゃんこも眠ってばかりになるかもしれませんね(^‐^)



No title

ゆーたさんのお父様、更新ありがとうございます。
猫のゆーた君がのびのびと甘えている写真を見ると本当に心がなごみます。

思えば3年前、ゆーたさんご自身が書いていらっしゃった頃、私の癌もまだそれほど悪化しておらず、それでも不安な日々を送っていました。そして若いゆーたさんが、心身ともに辛い状況にありながら明るさを失わず、前向きに生きておられる姿に非常に勇気付けられました。

今回の記事は、自分の状況に重なる部分があり、とても参考になりました。私はゆーたさんの癌とは種類が全く違いますが、固形癌で転移、再発しており、完治は望めない病状のまま5年たちました。なんとか51歳の誕生日を迎えることができましたが、腹水がたまり全身状態は年毎に確実に下降線をたどっています。

それで、前回の記事の和さんのコメントが他人事とは思えません。私も年老いた両親(2人とも80代)に、私の病状についてどの程度、どんなタイミングで知らせていけばよいか、常に頭を悩ましています。いくら年をとっているからといって真実を知らせないのはよくないと感じていますが、伝え方はできるだけ工夫して、親があまりショックをうけたり心配したりしないよう気を使っています。例えば、医学的に完治が期待できない病状、と説明して、親も頭ではわかっているようなのですが、感情的には納得できていない様子です。また、子供の窮地に親として何もできないことをすまなく思っているようです。遠くに住んでいるので、私の具合が悪くなっても看病に来るのは不可能なのです。先日、母と電話で話した際に、実家に残っている私の物について、「形見として取っておきたい物以外は処分してもらって構わない」とつい口がすべってしまい、それを聞いた母がどんな気持ちだったかと胸が痛みました。が、少しずつでも厳しい現実に慣れていってもらい、親にも心の準備をしてもらいたいという気持ちもあります。

長くなりましたが、ゆーたさんのお父様、お母様、猫のゆーた君が健康で楽しい日々を送られますよう心から祈っております。

ありがとうございます

こんにちは。
ゆーたさんのお父様、そしてコメントを入れてくださった方々、ありがとうございます。
やはり、その家庭家族各々で違いますよね。
それでもやはり皆さんご自身が大変な思いをしながらもご家族のことも考えていらっしゃる。
私も同じように思います。
治療は確かに辛く苦しいことが沢山あり、先を考えると恐怖に震えることも・・・
でもそれを傍で見ている両親兄弟家族はもっと辛いのでは??
ゆーたさんの記録を読んで前向きに取り組んでゆくことで家族も救われるのでは?と思われ
今はとってもすっきりした気持ちで明るく過ごしています。(それでも定期健診の時にはバクバクですが(汗))
これからも続けて読ませて頂きたいと思います。
頑張って生きます。行きます。
一人ぽっちじゃないんだと思える今日この頃です。

No title

アニメのネタで申し訳ありません。
今このブログにたどり着いて読み通している方々は、まず純粋に闘病ブログを検索してきた方だと思いますが。
ゆーたさんとアニメのコメントをしあったことが懐かしくて…。

声優の内海賢二さんが亡くなられました。
とにかくアニメの声優さんの名前が 『役柄 声優』 と書き出されもせず、
代表者の名前だけ数名書き連ねているような時代からの方です。
(今のアニメでそんなエンディング考えられないでしょ!)

洋画をテレビで見ることが楽しみな時代。洋画の吹き替えも多数なされてきました。
主役の吹き替えだけはテレビ欄に載りましたが、内海さんはいつも主役級なので、名前が出ていました。

そしてラオウですよ!やっぱり内海賢二さんのラオウだと思うのです!
ゆーたさんはラオウの画像を掲げているので。…ああついつい熱が入りました。

もうこのコメントはゆーたさんに直に送るアニメファン声優ファンの声だと思ってください。
(お父さまごめんなさい)


はじめまして

ゆーたさんのブログを拝見していた者です。

お父様、ゆーたさんに書き方が似ている!やっぱり親子ですね。

涙ながらに読み、そんな些細な発見にニヤニヤし、文章だけなのに すべてが伝わります。

にゃんこゆーたくん とってもかわいい!これからも、もっともっと見たいです。

更新、とても楽しみにしています。
よろしくお願いします!

ここを読んでいるすべてのみなさんが毎日楽しく生きられます様に。

お父さんのブログ好きです。
2年前、偶然見かけたこのブログ。
自分は健康体です。けれどもいつも死にたいと思ってました。
このブログにたどり着いてゆーたさんに出会うまでは。
今は自分なりに精一杯生きてます。
そしてたまにこのブログを開き
ゆーたにゃんとお父さんに励まされています。
お父さん、お母さん、ゆーたにゃん、
そしてゆーたさんありがとう。
ここがあってよかった。

どうなったかな?

告知とか、がんとか。。。私も10年前に大腸ガン、9年前に肝臓ガンと何が何だか?でも、いきてます。
親へ伝える事は、私も二度目の時はさけたかったなぁ。。。
ゆうさんのお父さんは今を(?ブログ?)を使って発信続けられる力強さ感謝です
どうか、このブログで色んな方の力と深呼吸の心楽さを実感してもらえたら?!
偶然出会ったこのブログ、フッとよぎっては覗きます(*^^*)
ありがとう。。。ありがとうございます

No title

お父さんありがとう

親の気持ち。。。

始めてコメントします。
ずっと。。。ゆーたさんのブログにであって、お父様が引きっいでくれて、ゆーた(猫ちゃん)がきて、
親にいうべきかって質問にこたえてられて。。。
違うけど、「親の気持ち」って、たくさんあって複雑なまでに子どもを思ってくれてるって。。。
親になって、つくづく実感してます。
最後はやはり生きてて欲しい。
好きな事していいから生きてて欲しいって、今、自分子どもの先が見えないバイト生活24才21才のこども)
気になるし、心配してるし。。。でも、子どもは自分で何か考えてるし、それが親からみてどんなに未熟?って思っても、ちがうんだろうなぁ。。。と。
ゆうたさんがブログで自信を綴り始めたこのブログを、親はどうしよう。。。って、考えて、なくさないでいてくれる。
親という違い存在は、本当にわかる事がないほど複雑で。。。
ごめんなさい。。。
わけわからないことをつづりました。
親という立場が子どもを完全にわかってあげられない未熟さを感じたり、
私の親をおもうと、いつも心配してくれる唯一無二の存在
本当にごめんなさい。。。
わけわからないコメントで。
ゆーた(猫ちゃん)の写真だけでも
また、見せてくださいね^o^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

今日はゆーたさんの日☆  ゆーたにゃんこの誕生日♪

No title

ゆーたさんが旅立たれて、今日で3年ですね。

お会いしたこともない方の命日を忘れずにいるのが不思議です。
でも、このブログを読んだら、忘れられないですね。
ドラマや本とは比べ物にならない現実を見せつけられ、辛い気持ちにもなるけれど、
何度読んでも、いろいろなことを考えさせてくれます。
ゆーたくん、ブログを書いてくれてありがとう!今は元気にゲームしたり、仕事したりしてるのかな?

ゆーたくんのご両親も、お体に気をつけて、楽しい毎日をお過ごしくださいね。
それがゆーたくんが一番願っていることでしょうから!

また猫のゆーたくんの写真も楽しみにしています。
プロフィール

ゆーた

Author:ゆーた
26歳♂某メーカー開発の社畜です(今は病気の為に休職中)オタクです。
2009年5月中頃に悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の類上皮型、ステージⅣを宣告されました。要は末期がんというやつですね(TT)これまでの病状の経過や生活について記述していきます。
1週間以上、予告なく更新が途切れたり、ツイッターでのつぶやきがなかったら天に還ったと思ってください。

趣味:アニメ、漫画、ゲーム、2ch
連絡先:http://form1.fc2.com/form/?id=539873

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村 病気ブログ 肉腫へ
人気ブログランキングへ

俺ののツイッターによるつぶやきです
別にフォローなんてして欲しくないんだからね///
変な勘違いしないでよ///
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。